PROFILE of 喜多流能楽 燦ノ会

佐々木 多門

Tamon Sasaki

能楽シテ方喜多流職分。能楽協会会員。東京在住。1972年生。
喜多流職分佐々木宗生の長男。
3歳のとき「鞍馬天狗」の花見役にて初舞台。喜多流宗家内弟子を経て現在、喜多流職分塩津哲生に師事。ゆかりのある平泉・中尊寺能舞台にて、2001年「猩々乱」、2008年「道成寺」を披く。



 tamon.psd

大島 輝久

Teruhisa Oshima

能楽シテ方喜多流職分。能楽協会会員。東京在住。1976年、福山生。
喜多流職分大島政允の長男。能大島家五代目。
3歳のとき仕舞「猩々」にて初舞台。祖父久見、父(共にシテ方喜多流職分 国総合指定重要無形文化財)に師事。喜多流宗家内弟子を経て現在、喜多流職分塩津哲生に師事。
2003年「猩々乱」、2010年「道成寺」を披く。




teruhisa.jpg

友枝 真也

Shinya Tomoeda

能楽シテ方喜多流職分。能楽協会会員。東京在住。1969年、東京生。
喜多流職分故友枝喜久夫の孫。
3歳のとき仕舞「月宮殿」にて初舞台。能楽シテ方喜多流15世宗家故喜多実師に入門。
喜多流宗家内弟子を経て現在、友枝昭世、塩津哲生に師事。
2004年「猩々乱」、2008年「道成寺」、2011年「石橋(赤獅子)」を披く。


shinya.jpg